本格的にブログを移転しました

Pocket

はじめに

はじめまして、”木箱 (@kibako2010) “と申します。

これまで音楽を作っては、Tumblrというところで細々とブログ的なものを更新してきました。

「音源作り→SoundCloudにアップ→ブログにちょこっと文章書いて更新」とどこも目指さずにダラダラやっていることが中途半端に感じていました。

ここらで一歩踏み出してみようかと思い、ほとんど見切り発車ではじめました。

こうして開設してみたはいいものの、これまでの活動が地味すぎて何をしたらいのか、また何が出来るのかよくわかっていません。

いろいろと勉強しながら好き勝手書いていこうと思います。

木箱の音楽遍歴

と言ってもたいしたことはないです。

小学校の頃から歌ったりするのは好きで、テレビアニメのOP・EDをよく口ずさんでいました。合唱サークルにも入ったりしていました。

一時、ピアノを習っていたことはありますが、練習が嫌ですぐ辞めました。左手でコード、右手でメロディとか無理です。

音楽を演奏するとか、曲を作るということになったのは20歳を過ぎてからで、友人の勧めでバンドをはじめたのがきっかけです。

2009年の秋にバンドをはじめて、2010年の正月に初めてギターを買い、同年春頃にDTMという言葉を知りました。

DTMについて詳しい友人はいなかったので全部独学です。

Windows VistaのシングルコアノートPCにMusic Studio Producerを入れて、MIDIやらベロシティやらわけのわからない単語をネットで調べつつ、レイテンシーに苦しめられながら、なんとか打ち込みをやっていました。

その後しばらくは、友人とバンドをやるためにギターを覚えることに一生懸命で、DTMはおざなりになっていました。

DTM・宅録に本格的に関わり始めたのは、2012年の夏の終わりにBFD ecoを4,000円ほどで購入した後です。バンドでオリジナル曲を作りたいと思っていたときに出会った生ドラム音源は強烈でした (しかし、当時のバンドでオリジナルの曲を作ることは叶いませんでした) 。

そのときにはPCもIntel Core i3の入ったデスクトップに新調しており、そこにギターのマルチエフェクターに付属していたCubase LE 5を入れてDAWやプラグインの使い方をなんとなく習得しつつ、音源を作っていました。

2012年の初冬、HDDを載せ換えたらCubaseがエラーで使えなくなってしまい、そこで思い切ってStudio One 2 Professionalを導入しました。それを皮切りに機材やらプラグインやらを買い漁るようになり、今に至ります。

……はい、無駄に長くてすみません。

最後に

ここまで読んでくださってありがとうございます。

こういう形でサイトを持つことはずっと考えていたのですが、こうして立ち上げたのはほんの出来心です。

IT知識も文章力もないままにはじめましたので、体裁の整っていない部分も多々あると思います。

せっかくはじめたので、やりたいことはしっかりやっていきます。

どうぞ、よろしくお願いします。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*